ページトップへ

吉住の家づくり 本物だから安心・快適

自然素材とスローな生活
四季を感じる暮らしが、楽しい

家族が健康でいるために、やはり自然素材にこだわりたい

「吉住工務店の家に入ると、空気が違う」。こうしたお客様の声を、しばしばお聞きします。化学物質に過敏な方でも、吉住工務店の家に入れば咳がぴたりと治まる。そんな場面も珍しくありません。

なぜなら吉住工務店の家は、本物の自然素材を使っているから。構造材やフローリングから下地材まで、すべて国産の無垢材を用い、壁は漆喰塗りで仕上げます。耐力壁の下地板にも天然の粘土鉱物を主成分とする「モイス」を使うなど、徹底的に自然素材にこだわっています。

最近のように高気密化が進んだ家は、新鮮な空気を入れ替えにくい構造になっています。24時間換気が義務づけられたのも、家の気密化が進むに連れてシックハウスが問題となったため。家を高気密にすればするほどクリーンな環境が欠かせなくなり、化学物質を使わない自然素材の大切さがクローズアップされてきます。

確かにプラスチックなどの人工素材は、色あせないし、耐久性も高いでしょう。一方、本物の自然素材は色味が変わり、手入れも欠かせません。でも、時間と共に変化する味わいを楽しみ、手間をかけるからこそ愛着も育まれます。何より肌合いの良さ、気持ち良さは本物でしか得られません。

 

木選びも適材適所
木材のプロがふさわしい木を選びます

吉住工務店の家では、構造材と造作材のすべてに国産の無垢材を使っています。国内の木を育て、切って、使う。国産の無垢材を用いた家づくりは、日本の国土の7割を占める森林を維持するための、環境循環型の家づくりでもあるのです。

吉住工務店の家づくりのもう1つの特徴は専門の木材コーディネーター、能口秀一さんとの連携です。木材コーディネーターは、国内のあちこちにある森の所有者・木の産地と、木を使いたい建て主や工務店との間を結ぶ木のプロです。全国の産地それぞれに育つ木の樹種や生育状態を把握し、家ごとに適材適所の木を選び出し、材木として手配します。お客様にとっては自宅で使う木の産地が分かるので、安心感と木への愛着を得られます。

吉住工務店は能口秀一さんと連携し、必要に応じて家ごとに適切な木を選びます。お客様のご要望があれば、一緒に製材所を訪れて、ご自分の家で使う丸太を選ぶことも可能です。

 

家族が健康でいるために、やはり自然素材にこだわりたい

木選びも適材適所 木材のプロがふさわしい木を選びます

 


 

能口秀一 木材コーディネーター

家づくりは森を育てることなんです

 

まっすぐでクセのないのが良い木です。でも実際には、節やキズの跡がある木も少なくない。ですからメインのリビングには節のない柱、収納まわりの見えない場所には節のある材を使うなど、適材適所で使い分けます。シンボル的な大黒柱や現しの梁を、効果的に使うようにしていますね。

家づくりするお客様には、木材生産の現場をできるだけご覧いただくようにしています。育ててきた人の考え方を知り、家づくりは森を育てることだと実感する。それが、家づくりの価値や愛着を育むことにもつながります。

 

家づくりは森を育てることなんです 家づくりは森を育てることなんです




 

丹波の暮らし、手をかける豊かさをお伝えしたい

丹波の暮らし、手をかける豊かさをお伝えしたい

瓦屋根や畳の部屋、深い軒、すだれや火鉢…。現代の家で失われつつあるモノたちです。かつてこれらは四季の移ろいと共にあり、日本の暮らしを豊かに彩っていました。便利さを求めるあまり失ってしまったスローな生活の良さを、現代の家にちょっぴり取り戻したい。私たちはそう考えています。

薪ストーブも、そんなアイテムの1つです。薪ストーブの温もりを得るには、薪を用意し、火を起こす手間が求められます。でも、そのように手をかけることが、せわしない日々の暮らしに意外な癒しをもたらしてくれることに気づくのです。

 

吉住工務店は、山深い兵庫県の丹波を基盤に活動してきました。丹波は、おいしい食材と美しい自然に恵まれた地域です。寒暖の差が激しい風土を通し、私たちは、厳しい冬の寒さをしのぐ工夫や火の温もり、夏の涼風を肌で感じる気持ちよさを学んできました。家づくりを通して、お客様にもその良さの一端に触れていただくことができればと願っています。

丹波の暮らし、手をかける豊かさをお伝えしたい

 

  丹波の暮らし、手をかける豊かさをお伝えしたい

 

吉住正基 吉住工務店専務

手をかけた暮らしが情緒を育みます

 

僕は丹波で生まれ育ちました。昔、お風呂を洗うのは子どもの役目で、僕もお風呂の薪係。うまく薪に火がつかないとか失敗しながら、火の使い方を学んでいきました。日々の暮らしを通して、感情や情緒が育まれていったんですね。もちろん以前の生活に戻るわけにはいきません。でも、『高機能・高性能・最新設備』だけを追い求めることが本当に幸せなのかなって感じるんです。家に手をかけることの大切さをどこかに残していければいい。四季折々の変化がある日本だからこそ、それぞれを楽しみながら暮らせる家をご提供していきたいと思っています。

次は、家づくり工程のお話  

一緒につくるから楽しい