ページトップへ

吉住の家づくり 「家+庭」で暮らし活き活き

緑を育て、花を愛で、自然の営みを感じる家…


外に続く「もう一つの部屋」が季節を豊かに彩ります

季節ごとに色とりどりの花をつける玄関アプローチの植栽、リビングから見えるシンボルツリー、ハーブや野菜を育てる菜園…。緑や花が季節感をもたらす家では、過ごす時間が楽しくなります。

吉住工務店は、ガーデニングも大切にしています。なぜなら、外部空間は「もう一つの部屋」だから。外を内を遮らずに自然との一体感を楽しむ家だからこそ、外まわりまできちんと整えたい。家とガーデニングが一緒になって、初めて暮らしは完成するのです。

 

外に続く「もう一つの部屋」が季節を豊かに彩ります

 

ガーデンデザイナーがお客様にふさわしい庭をご提案

吉住工務店の家づくりでは設計時点で専門のガーデンデザイナーが加わり、家まわりのしつらえをご提案します。花や庭、街の景観づくりまで幅広く活躍するジャルディニェ佳代子さんが、一人ひとりのお客様にガーデンデザインを考えます。

まずジャルディニェさんがお客様にヒアリング。お好きな緑や花、描いている庭のイメージ、休日の時間の使い方などをお聞きし、次の打ち合わせでプレゼンテーションします。必要に応じて、予算調整などのご相談もできます。

あくまでもご提案なので、家の工事と一緒に実現するかどうかはお客様次第。今すぐにしない場合でも「将来のガーデニングのイメージを考えるのに役立つ」とお客様に喜んでいただいています。

西宮展示場「丹波|風の工房」のガーデニングも、ジャルディニェさんの監修でつくりました。四季折々の彩りを、ぜひご確認ください。

ガーデンデザイナーがお客様にふさわしい庭をご提案 ガーデンデザイナーがお客様にふさわしい庭をご提案

 

ジャルディニェ佳代子 ガーデンデザイナー
それぞれのペースで楽しみましょう

家にとって、庭はとても大切な空間です。アプローチは外から帰ってきて気持ちをリセットする場所。また庭は、外の営みを家の中に導き、四季を感じさせてくれ、家族の絆を築く場所にもなります。ですから庭単体で考えるのではなく、リビングルームと一体になった『ガーデンルーム』としてデザインしています。

ガーデンとの付き合い方は人それぞれ。自分の時間を楽しみたい方に家庭菜園をご提案したり、お客様によっては時間的に無理のない緑のつくり方を考えたり。建て替えの家の場合、思い入れのあるユズやハナミズキを残して計画したこともあります。

ガーデンは、住まう人が一緒に育てていくものです。ご提案時には緑や花の種類、カラースチームまで考えますが、まずできるところから取り入れていただければいいんですよ。お客様の暮らしのペースに合わせ、ゆっくり育てていただければと思っています。吉住工務店が開いているリースづくりのイベントでは、何年か前に家づくりされたお客様から新しくガーデンの相談を受けたことも。お客様の住まい方がわかったうえでご提案できるのは、最初からかかわっているメリットですね。

「家+庭」で暮らし活き活き


次は、家作りの輪のお話

住まいの仲間、増えます