ページトップへ

吉住の家づくり 居心地いい…に秘訣あり

自然体で、シンプルに。
気持ち良さはそんなところから生まれます

機械に頼りすぎず、長く住み続けられる家

雨露をしっかり防ぎ、夏涼しく、冬は暖かく。どんな家でも、外界から暮らしを守るシェルターとしての性能が求められます。

でも、現代の家は機械の力に頼りすぎているのでは?
性能を出すために不自然なことをしているのでは?
吉住工務店の家づくりは、素朴な疑問を抱くところから出発しました。

家は、出来上がった後、何十年も過ごす場所です。大切なのは、その時だけのニーズや流行にとらわれず、長く愛着をもって住み続けられるようにすることです。そのためにも、デザインや仕組みをシンプルにし、自然の力を上手に使う。もちろん、構造は100年もつようにしっかりと。自然体の家づくりが大切だと吉住工務店は考えています。

機械に頼りすぎず、長く住み続けられる家



「広がり間取り」で家族を近くに感じられるように

間取りのつくり方によって、家の居心地は大きく左右されます。私たちがご提案しているのが「広がり間取り」。大きな窓をつくって自然を受け入れ、室内は細かく区切らずに一体感を与えます。外と内がつながり、家の中も面積以上のゆとりが生まれます。

広がり間取りの特徴は、廊下をなくし、リビングダイニングを中心に家の各部屋を直接結びつけたつくりです。玄関を入るとすぐ吹抜けのリビングダイニングが広がり、リビングに設けた階段から2階の寝室や子ども部屋に上がります。子ども部屋は、子どもたちの成長に合わせて間仕切りしたり、広く使ったりできるようにしてみましょう。

廊下がないので面積を有効に使え、家のどこにいても光や風を感じられます。リビングにいながら、出かける子どもたちに「いってらっしゃい」、帰宅したお父さんに「お帰りなさい」と声をかけることも。キッチンで夕飯の準備をする音や、階段を上り下りする子どもたちの気配は、日常生活の細部を息づかせてくれます。

 

自然の力を生かして気持ちよく。「エアパス工法」でお家も衣替え

高気密・高断熱で室内環境を外から遮断する…。最近の家づくりは、いかに寒さをしのぐかという冬型対応の考え方が基本になります。自然な空気の出入りを抑えるので、エアコンと24時間の機械換気に頼った家と言えます。

でも、このように外部環境と遮断した魔法瓶のような家で、本当に居心地は良いのでしょうか。そう考えた私たちは、夏と冬で衣替えする「エアパス工法」を採用し、日本の夏にも冬にも適応した家づくりを進めています。季節によって小屋裏と床下の換気口を開け閉めし、夏は外壁内にこもった熱気を外へ出し、冬は空気を閉じ込めて断熱性を高めます。壁体内の空気が動くので、木造の家の大敵である「壁体内結露」も防ぎます。

エアパス工法は、自然に生じる空気の流れを利用した仕組みです。機械の力に頼らずに、自然体。ここでも、吉住工務店の姿勢は貫かれています。

次は、自然素材と木のお話

本物だから安心・快適

  居心地いいに秘訣あり