ページトップへ

吉住の家づくり エアパス工法

エアパスの家

吉住工務店が選んだ
自然の恵みを活かす工法。

吉住工務店は、エアパス工法を採用しています。機械に頼らず、自然の陽や風と共存しながら快適な住まいの環境を整えていく方法が、私たちの考える家づくりにぴったりだからです。具体的にどのようにぴったりなのか、ご説明しましょう。

エアパス工法は壁の内部に通気層と内壁空洞の二つの空気層を設け、自然の力で壁体内の空気を循環させることによって、床、壁、天井の表面温度を均一に高めます。冬場は少ない暖房でもよく暖まりますし、湿気もこもりません。逆に夏場は床下換気口と小屋裏換気口を解放することで、壁内の熱気と湿気を排出。そして室内の温度上昇を抑制し、爽やかな涼しさを実現できます。

このように、家全体の温度を一定に保つことで解放的な間取りを採ることができます。吉住工務店が提案する「広がり間取り」には、エアパス工法のように家全体の温熱環境を一定に保てる仕組みが欠かせないのです。

日本の風土に適したこの工法は、しっかりと施工しないと機能が十分に発揮されません。西宮展示場「丹波|風の工房」は、自然の効果を最大限に活かすため研究に研究を重ねて完成させたモデルハウスです。ぜひ体感してみてください。

 

エアパス工法 吉住工務店が選んだ 自然の恵みを活かす工法。

 

自然の力を活かし、冬暖かく夏涼しく

 

冬 自然の暖かさ

冬はダンパーを閉じて暖かい空気を循環。家全体をふんわり暖かく包む。

 

夏 自然の涼しさ

夏はダンパーを開放し、室内にこもった熱気を排出し、爽やかに。

 

エアパスの家は、3つの工法特性を併せ持った
より理想に近い住まいです。

 

パッシブソーラーハウス

太陽熱、風、地熱などの自然エネルギーを機械や設備なしで建物に取り入れて活用します。

新・外断熱工法

基礎、壁、屋根を高性能な断熱材ですっぽり包み込みます。

壁体内通気工法

壁体内に通気層と内壁空洞を設け、エアパスダンパーで空気に一定の流れをつくります。

 

 

 

エアパスの家について更に詳しく知りたい方はこちら

エアパスの家