ページトップへ

展示場 里山展示場

集い愉しむ家(里山の四季と暮らす)

居間からデッキ、デッキから里山へ。目の前には日々変化する里山の景色が広がる。
この里山は街区に住む人々が共有で所有、管理をおこないます。里山の斜面には皆で育てる木を植えました。今はまだ小さな苗木。これから徐々に大きくなって豊かな林を形成していきます。植えたのは、この地域にも自生する梅、枇杷、甘夏、柿、栗。里山の暮らしに収穫の喜びを与えてくれます。

初夏のころは梅を干し、少し汗ばむ陽射しを避け、涼しい風が通り抜ける居間に坐して冷やした枇杷を食す。床の桧が少し冷たく、さらりとした質感を足の裏から感じる。
甘夏は、皮ごとジャムにする。冷たく冷やした炭酸で割って、スカッシュにしていただく。
甘夏の香が、じめじめとした梅雨の時期を爽やかにしてくれる。    
夏は青々とした里山の斜面に腰をおろし、目の前に広がる山々の美しい葉の緑と、高くそびえる雲に見とれ、時が経つのを忘れる。家に帰ってふと壁に目をやると、漆喰の壁の白さが空の青さをより引き立てていることに気付く。

秋には柿が赤く色づき、大きく首を垂らした稲穂が夕日に照らされ、黄金色に輝く。栗は皆で皮をむき、栗ご飯に。ほくほくとした食感と優しい甘さに小さな喜びを見つける。

冬の朝は凛とした空気の中、胡桃の木の土間に置いた椅子に座り、薪ストーブに火をつける。
ぱちぱちと音をたて揺らぐ炎の前に、いつしか家族が集まりだす。一年に一度か二度、雪が積り辺りを銀世界に変え、静けさが広がる。

春は下草が芽吹きだし、長い冬が明ける。玄関の桜と向かいの道に植えられた桜が花を咲かす。デッキでは花見の準備が整い、待ちに待った春の訪れに感謝する。

 

 

 

  

里山に暮らす。7つのこと。

1. 「里山」とは

多くの人が思い浮かべ、どこか懐かしいと感じる日本の原風景。人と自然の中間領域として人の手が適度に入った場所。

かつては、人の営みに欠かすことのできなかった炭や薪、堆肥となる落ち葉、木材といった自然の恵みを与えてくれる場所として存在してきました。

しかし、現在では、わざわざその場所に出向かなければ手に入れることが出来ない貴重な場所となっています。失われつつある人と自然の調和について見直す場所として注目されています。

 

 

 

  

2. 「里山住宅」とは

日本の郊外住宅は「ベッドタウン (寝に帰る家)」と呼ばれ、利便性だけが強調されてきました。住まう場所としての「郊外」を見直すとそこに「里山」が見えてきました。豊かな自然とともに暮らす場所として、里山住宅は新たな価値を見出しています。
街区は全62区画で形成され、外構ルールにより、整った街並みになっています。また、、街区は手仕事に自身のある近隣工務店による「里山住宅博 in 神戸」の博覧会場になっており、各社による様々な暮らしの提案を見ることが出来るのも、特徴となっています。

斜面の里山は、街区に住む人たちの持分共有地となり、住民で管理をおこないます。これが「里山住宅博」の由縁です。共有の里山スペースには、季節の収穫が愉しめる果樹五木を植えました。目の前にある採りたての旬のものを食すことで季節を感じ心身ともに健康でいられる幸せが、ここに存在しています。

 三田市での施工事例はこちら

 

 

3. 「上津台・百年集落街区へ」

里山住宅博の開催 期間中は平成29年1月迄。
終了後は百年集落街区として住み継がれていきます。建物は長期優良住宅の性能評価を受けています。設備機器や配管などの交換が容易におこなえるようなっており、メンテナンスがしやすい建築となっています。

街区は神戸市の「建築協定」と「設計ルール」により環境が保持されており、親から子へ、その子孫へと100年続く街として存在していきます。

 

 

  

4. アースワーク・外構計画について

建築協定と設計ルールの設定により、アルミ製カーポートやコンクリート製品の利用が既成されており、生垣や石積みといった自然素材の利用によって、環境が保たれます。
隣地境界はブロックやフェンスで囲わず、生垣で仕切られており、爽やかな風が通りぬけます。

敷地と敷地の高低差についても、コンクリートの擁壁を設置せずに、アースワーク(石を積んだ鉄網かご)を設置することで、その石積みの間から植物が芽を出し、緑を濃くしていきます。また、玄関先と敷地前面道路には桜の木が植えられており春には満開の桜を室内から眺め、食卓から続くデッキでは家族でお花見が愉しめます。

時が経つにつれ、庭の緑が濃くなっていき、外構と建物が一体となって美しい街並みを形成していきます。経年変化と共にその価値を高めていきます。

 

 

 あなたの見たい施工事例はこちら                     

  ◆ 資料請求はこちら 

 

5. 長期優良住宅 × パッシブデザイン

吉住工務店では、この里山に暮らす家で快適に過ごしていただけるように、温熱環境に配慮しています。長期優良住宅(温熱等級最高等級)として建物の断熱性能の向上、開口部のガラスにLOW‐Eガラスを採用し、屋外の温度環境に影響されにくいことはもちろんのこと、更にパッシブデザイン(エアパス工法)を用いることで、エアコンなどの設備機器になるべく頼らない住まいを提案しています。南北の開口部からは、里山の爽やかな風を室内に取り込むことで、光熱費削減にも配慮しています。また、吹抜けを通じて室内で発生した温かい空気が上昇し、二階の窓から排出されることで、室内の気圧がさがり一階の窓より新しい風を取込む工夫を行っています。

長期優良住宅による担保された住宅性能とパッシブデザインによる快適性を融合した、一年を通じて快適に過ごせる住まいとなりました。

 

  

6. 無垢材と漆喰

健康に暮らす家として、室内の空気がきれいかであるかどうかは、非常に重要な要素です。空気のきれいさは、その空間の仕上げ材に大きく影響されます。近年ではアレルギーを引き起こす原因物質である、ホルムアルデヒドの発散量が少ない材料や、VOC(揮発性有機化合物)揮発量の少ない材料を建築材料に選定し、使用しなければなりません。吉住工務店では無垢材と漆喰という自然の材料にこだわった住まいづくりを行っています。

床材には無垢材(兵庫県産材)を利用しており、接着剤を用いないことで空気汚染を防止しています。無垢の木の質感とその香が、落ち着きと安らぎを与えてくれます。また、木材には、フィトンチッドという成分が含まれています。その成分には殺菌効果があり、快適で、健康的に暮らすための一つの役割を果たしてくれています。

壁と天井には、漆喰を用いています。漆喰はその特性として、空気中の匂いや汚れを吸着し、分解してくれる作用があります。また、漆喰には調湿作用があり、結露やカビの発生を抑制してくれます。湿度の高い日本では古くから利用されている材料です。特に高気密住宅では室内の湿気が逃げにくくなるため、調湿作用は大切なポイントです。

 

 

  

7. 兵庫県産木材を使う

構造材、仕上材(床材、天井材)に兵庫県産木材を使用しています。産地の分からない材料ではなく、この住まいと同じ兵庫県の材料を用いています。同じような気候風土で育った木は、その地域の環境に一番適していると言えます。

地元の木を使用することで、木が光合成をおこなって、その内部に蓄えたCO2がそのまま建材としてその地域に留まることから、CO2排出抑制にも貢献しています。また、山地が近いことで、木材を輸送する際に発生するCO2排出抑制に貢献しています。地球温暖化抑制に僅かですが配慮をしています。

 

『 兵庫県産木材住宅ローン 』の融資制度を利用できます。里山の四季と暮らす家では県産木材使用量が80%以上のため、融資限度額2300万円まで融資を受けていただくことが出来ます。利率は0.8%(25年固定)と金利の低い住宅ローンをご利用できます。また金融機関その他のローンとの併用も可能です。金融機関との借入れのご相談も受け付けしております。

 

 ◆ 詳しい木の話は  

 

「里山モデルハウス」の住人募集しております。

 

詳しくは電話 (0798-31-2061)

又はお問い合わせホームにてご連絡下さい。

 

 

 

 

 

 

物件概要 集い愉しむ家 (里山住宅博11号地モデル)

所在地               :兵庫県神戸市北区上津台4丁目20番55      
交通          :JR「三田」駅よりバス15分
地目          :宅地
用途地域        :第1種中高層専用住宅     (建ぺい率60% 容積率200%)
道路        :公道 6.0M(道路幅員)私道負担:なし
敷地面積      :199.20㎡(  60.25坪)
延床面積      :105.99㎡(  32.06坪)
里山トラスト用地  :375.44㎡(113.57坪)(共有持分)
設備        :電気/関西電力 ガス/大阪ガス 上下水道/神戸市

仕様     :長期優良住宅仕様
工法・規模  :在来軸組工法2階建て(兵庫県産木材)/ エアパス工法
屋根     :ガルバリウム鋼板 平葺き
外壁     :塗り壁 モルタル下地
サッシ    :住宅用複層ガラスサッシLOW-E(省エネ等級4等級対応)
断熱材    :ポリエチレンフォーム(省エネ4等級対応)
内壁     :漆喰仕上
天井     :漆喰仕上 / 一部杉板貼
床      :1階 桧一等材(無垢・県産材)/ 一部土間部分 
         くるみ(無垢・国産材)   2階 杉一等材(無垢・県産材)
キッチン   :造作木製キッチン(特注)
浴室     :ユニットバス サイズ1616(TOTO)
洗面     :造作洗面(木製天板 ケヤキ)
トイレ    :ウォシュレット一体型(TOTO)
土地価格   :12,182,000-
建物価格   :29,253,000-(税込)
外構価格   :  5,065,000-(税込)
総額     :46,500,000-

 

 

 

 

 


資料請求はこちら


里山展示場来場予約はこちら