スタッフブログ

あいさつ

平川 喜規 自己紹介へ
2019/02/15(金) 日々のこと

こんにちは。

営業担当の平川 喜規です。

ここ数日また寒くなってきましたね。

皆さまお体には十分お気を付けください。

今日は、最近感動した事についてお話しさせて頂こうと思います。

先日、お客様のお土地にお伺いさせて頂いた時のお話です。

私は西宮営業所から車を一時間程走らせ、現地に到着し作業をしておりました。(写真はイメージです)

時刻はその時16時頃でちょうど学校が終わり、帰宅する子供の姿がちらほら見られました。

そんな中、一人の中学生と思われる男の子が自転車で私の横を通り過ぎました。

その時、「さようなら!」という声が聞えました。

私は「え?」と一瞬不思議な気持ちになりましたが、その場にはその男の子以外に私しかおらず、確かに男の子は私に挨拶をしてくれていました。

通りすがりの見ず知らずの人に挨拶をしてくれるなんて、とても礼儀正しい子だと感心していました。

しかし、驚きはそれだけでは終わりませんでした。

その後何人もの中学生の子達とすれ違いましたが、誰一人として無言で通り過ぎる子はいませんでした。

全員が「さようなら!」「さようなら!」と元気よく挨拶をしてくれるのです。

最初はこの状況に驚いていた私ですが、気が付くと自然と「さようなら!」と私も挨拶を返していました。

 

自分の子供の頃を思い返すとそんな習慣は一切なかったと言い切れます。

近所の方にすらしっかりと元気よく挨拶ができていたかと聞かれたら自信をもって答えられるか疑問に思うほどです。

 

この日は中学生の方々に挨拶の大切さを教えて頂きました。

どんなに大人になっても人と人とがともに生活、仕事をしていく中で、挨拶は基本であるという事。

どんなに優れた人であっても、挨拶がきちんとできなければ上手な人付き合いはできないし、逆に気持ち良い挨拶がきっかけとなり、人との良好な関係を築く可能性は十分に考えられるという事。

 

挨拶の大切さをあらためて感じる事ができた日となりました。

 

記事一覧

1ページ (全203ページ中)

ページトップへ