スタッフブログ

こんにちは!

 

今の照明ってもうLEDが一般的ですよね~

 

先日、お客様との打合せで「LED電球って寿命あるんですか?」と質問をされ・・

 

そういえば、寿命あるっけ??もし切れたら、電球交換ではなく照明ごと取替るんですが・・しどろもどろに・・

 

今のところ、お客様から切れたから交換したってお話は聞いていないですね~と話しをしておりました。

 

調べてみたら・・・

 

LED電球とそのほかの電球の寿命

  • LED:40,000〜50,000時間
  • 蛍光灯:6,000~12,000時間
  • 白熱電球:1,000〜2,000時間
というわけで一目瞭然であろう。1日あたり6時間点灯させた場合、LEDは6,666〜8,333日、年数に換算すると18年以上だ。
ちなみに蛍光灯は1,000〜2,000日なので2〜5年、白熱電球は166〜333日程度なので1年持たずに寿命を迎えることになる。

 

ですって!!18年以上・・・

 

でも、LEDの照明が切れているんではなくて、LEDの電子回路に使用されている電子部品がずさんなものだと、その電子回路が故障

 

することで、照明が切れたと思っているらしいです。

 

そしたら、電子部品がきっちりしている所だったらもっと長持ちしそうですよね。

 

吉住工務店では、KOIZUMIさんやODELICさんの照明をメインで使ってます☆

 

 

注文住宅では、照明もこだわれるからいいですね!

記事一覧

1ページ (全242ページ中)

ページトップへ