スタッフブログ

無垢材のメンテナンス

山岡 奈央 自己紹介へ
2019/09/05(木) 日々のこと

こんにちは。

 

木曜日担当の山岡です。

 

最近は、雨が降ったりやんだり、、、

 

不安定な天候が続いていますね。

 

早く気持ちの良い、秋晴れになってほしいものです。

 

さて、本日、展示場の清掃の際に、木についた水シミを綺麗にしてみました。

 

今回は240番のサンドペーパーと雑巾を濡らしたものを使用しました。

 

こちらが作業前の様子です。

 

 

無垢材だからこそキッチンまわりの水シミはつきものですね、、、

 

サンドペーパー(240)番で少しこすってみます。

 

このポイントは、サンドペーパーを何か四角いものに巻き付けて行うこと、シミのある部分だけ削るのではなく、広範囲に行うことです。

 

こうすることで、一点に力がかからなくて済みます。

 

 

 

そして、こすったあと、濡れ雑巾で拭きます。

 

 

 

そうすると、、、

 

 

このように、水シミが綺麗になりました!

 

 

このようなメンテナンスが出来るのも、無垢材ならではです。

 

 

ですが、このような水シミになる前に、水滴が落ちてしまったら、すぐに拭いてシミになることを予防して頂くことが一番です。

 

 

私も展示場の日々のメンテナンスを、大切にしていきたいと思います!

 

 

 

それでは、また来週お会いしましょう。

記事一覧

1ページ (全216ページ中)

ページトップへ