スタッフブログ

軒の出のこと

2012/07/27(金) 家づくりのこと

こんばんは。

今日、7月27日は【土用の丑の日】ですね!

皆様、今日は「うなぎ」を食べられましたか?

うなぎにはビタミンB1をはじめとして、豊富なタンパク質やビタミン・ミネラルを含んでいるため、夏バテ防止になるそうです。

毎日暑い日が続きますので、夏バテしないようにうなぎをしっかり食べて栄養をつけましょう!!

今日は少し家づくりのお話を致します。

夏は、1年の中で日中の時間が一番い季節です。

太陽の角度で言うと、夏至の正午で約78°の角度から陽が射していることになります。

ちなみに、1年の中で一番日中の時間が短い冬至の正午の角度は約30°

夏と冬で約48°も角度が違うことになってきます。

夏は本当に陽射しがキツく、陽が差し込むと暑くなります。

そんな夏の家づくりの工夫として【軒の出】があります。

軒が出ていることで、夏の陽射しを遮り、室内に直射日光が入らないようにしてくれます。

また、夏場は夕立や突然の豪雨などもありますので、そういった時に外壁に直接雨が流れず、外壁の傷みも解消してくれる役目をもっています。

また、冬の場合は、陽射しの角度が30°と低めなので、軒の出を介して室内に陽が行き届き【ひなたぼっこ】をしているような暖かさを感じることができます。

こうした軒の出の工夫は、神社やお寺など見に行かれた時に分かると思います。

昔の人の知恵は本当にすごいものだと感心します。

是非、神社やお寺に行かれた際には、「軒の出」に注目してみてください。

記事一覧|2012年7月

1ページ (全4ページ中)

ページトップへ