スタッフブログ

台風とフィトンチッド

2012/09/30(日) 家づくりのこと

こんばんは

 

西宮展示場の吉住です。

 

夜になり台風17号もようやく過ぎ去ったようです。

 

今日、台風の中ご来場頂いた皆様ありがとうございました。

 

台風の中【展示場の空気を吸いに来た】とおっしゃって

下さったお客様がいらっしゃいました。

 

雨の日、木材はいつもより余計にフィトンチッドを出します。

フィトンチッドは森林浴の成分とも言われ、人の精神を安定

させたりリラックス効果があるものです。

 

でも本来フィトンチッドとは単に人間の為ではなく、

木が自分自身を守る為に出す成分で殺菌作用や防虫効果を

担っているものなのです。

木は切り付けられたり、水に濡れたり周辺湿度が高いと防衛能力を

高める為に、いつもより余計にフィトンチッドを発散させるのです。

 

古人は経験則から、ヒノキ風呂であったり建築で使ったり、

寿司屋で多用したり、それの持つ能力を引き出してきたのですね。

古人の知恵にはいつも感服させられますが、それを懐深く受け

止める自然界の力には神々しさを感じます。

 

ヒノキや杉など、何とも奥ゆかしくも頼もしい日本の

木材が、また雨が降る度に愛おしくなります。

記事一覧|2012年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ