スタッフブログ

天高く 棟 上がる 秋

2012/09/22(土) 家づくりのこと

こんばんは。ウィンディ戸田です。

 

本日は、T様の上棟式とH様の地鎮祭を執り行いました。

 

T様、H様、誠におめでとうございます。

 

 

「天高く 棟上がる 秋」

 

棟上げは何も秋に限ったことではないですが

秋の澄み渡った空にクレーンで吊り上げられた木材を見ていると

昔から少し幻想的な気持ちになります。

 

アームを伸ばしたクレーンのアンバランスさと

見るからに重そうな木材がワイヤー一本で吊り上げられていく非日常的な危うさ

これに棟上げという特別な思いが混ざって

私の頭には「境界線上のブロック」ならぬ「G線上のアリア」などが流れだしたりします。

 

職人さん達は、そんな感傷に浸っている間もなく

黙々と次の作業にとりかかっていますが

木軸が組み上がって二次部材に取り掛かる頃

監理する立場だった私は一息つける時間帯でもありました。

 

夏の現場ではさすがにこうはいきませんが

やっぱり秋は人を感傷的にするのでしょうか?

 

皆さんも秋になると何か変わります?

記事一覧|2012年9月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ