スタッフブログ

収穫祭

2013/10/31(木) 日々のこと

こんばんは、西  俊幸です。

今日は、ハロウィンですね。

街中でも、魔女やカボチャの冠りものをした

かわいいオバケさん達を見かけました。

本物さながらの特殊メイクをほどこした

ゾンビさんなんかも電車に乗っていらっしゃいました。

 

なんだか、仮装大会みたいですが、

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊退散の意味合いがあった様ですね。

カボチャをくり抜き、鋭い目に大きな口のカボチャオバケ「ジャック・オー・ランタン」は

その怖い顔で、悪霊を追い払う役目なんですって。

 

日本で秋の収穫を祝う行事といえば、以前にご紹介しました「お月見」がそうですね。

悪霊払いといえば、節分の豆まきかな?悪霊の鬼さんは、たいてい?お父さんの役目ですが

ハロウィンでは、悪霊は子供達の役目で、

「トリック・オア・トリート!」ご馳走をくれないと悪戯しちゃうぞ!

と、ご近所をまわるのです。

鬼さんは豆を投げられますが…。

 

と、「お月見」や「ハロウィン」などの行事には

ちゃんと意味があり、その地で暮らす人々の「暮らし」に

関係の深いものなんですね。

 

ただ、楽しいからでは無く

きちんと意味を理解して参加すると

また違った楽しみが増えるかもしれないですね。

 

西宮展示場 丹波|風の工房にも、丹波の秋の収穫を祝い

「ジャック・オー・ランタン」に悪霊を追い払ってもらうとしましょうか♪

記事一覧|2013年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ