スタッフブログ

産地見学会を開催しました。

2013/11/02(土) 家づくりのこと

みなさんこんばんは。土曜日の細見です。

今日は秋晴れのいいお天気でしたね。

3連休の初日はいかがお過ごしになりましたか?

 

さて今日は、毎年恒例の「ひょうご木のすまい協議会」

による「産地見学会」を開催しました。

「産地見学」って何をするの?と思われる方に

簡単に言いますと、兵庫の山の現状を知って頂き川上

から川下(山で木を切り製材をして家になる)まで

を1日で見てもらというものです。

 

毎回ですが参加して頂く方も多く、今回も西宮から

バス2台、姫路からバス1台で宍粟市の山まで

行ってきました。

バスの中では、兵庫県林務課の井上主査に兵庫の山の

現状、取り組みなどを分かり易く資料を使い説明頂き

ました。

 

そして最初に行ったのが、伐採現場です。

そこでは山師さんによる杉の木の伐倒、重機による

枝打ち、寸法切りなどを見学

子供たちは年輪を数えてくれました。

この木の年齢は47歳でした。

 

お昼をみんなで頂いた後、宍粟市にあります兵庫木材

センターに!

そこでは、持ち込まれた丸太の皮むきから製材、乾燥

までを見学して頂き、最後は川下、弊社の西宮展示場

を見学して終了となりました。

 

少しでも兵庫の木材を使って欲しい、そうすることで

山にお金が落とせ、そのお金で整備ができる。

参加されましたみなさまお疲れ様でした。

楽しんで頂くと共に兵庫の木を使おうと思って頂けた

なら幸いです。

記事一覧|2013年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ