スタッフブログ

展示場の見どころ!! その2

2013/11/12(火) 家づくりのこと

今日は吹抜けと空間のつながりについて見てみました。

階段から吹抜リビングを見ました。吹抜の高さはリビングの床から低い方が3.05m、高い方が4.7mとられています。

リビングは13.4帖ですが吹抜と大開口でそれ以上に空間の拡がりが感じられます。

 

階段からダイニングと2階を見ています。吹抜で空間がつながり、家族の気配が感じられます。 

2階から勾配天井を見ました。登り梁にすることで小屋組が単純になり、シンプルなここちよい吹抜空間が構成されています。

リビングからダイニングを見ました。床レベルはリビングより28cm下がっています。天井高さも2.38mに抑えられています。

ダイニングから和室を見ました。さらに天井は抑えられて2.1m。

 

3つの空間をつなげる階段。28cmの段差は腰掛けるのにもちょうどよい高さです。

自由な設計だからこそ、天井高さや床高さに変化を与えて、空間を構成出来るんですね。

 

 

 

 

記事一覧|2013年11月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ