スタッフブログ

産地見学会

こんばんは、西 俊幸です。

今朝は冬を思わせる肌寒さでしたね。

1枚余分に羽織を用意したのですが、寒かったです。

でも、とてもいいお天気で気持ちのいい1日でした。

 

本日、西宮展示場ではハロウィンマルシェを開催しておりました。

大盛況だったようですが、私は山へ行ってまいりました。

ひょうご木のすまい協議会主催の「産地見学会」にスタッフとして

参加させていただきました。

産地見学会とは、木が伐採され木材になり、製材され住宅になるまでの

過程をご見学いただき、山の現状を知っていただく見学会です。

  

伐採の現場です。重機の迫力に皆さん「おぉ~」と歓声が上がります。

 

製材所のご見学です。丸太が製材され形が整えられていきます。

  

最後は弊社展示場にて、住宅になった姿をご見学いただきました。

 

現状、国内の木材受給率は海外から輸入された外材が7割を占めています。

国産材は3割に留まっております。

まだまだ、国産材の受給率が少なく、山の手入れができず

荒れていってしまう山が絶えないのが現状です。

受給率を上げる事で市場も活性化し、山の手入れが行き届き

荒れてしまう山も少なくなっていく。

その一環として、産地見学会が開催され、

木の「住まい」の普及が進む事で、受給率があがります。

弊社も木の家を供給することで

荒れていく山に歯止めをかけていきます!

 

本日はご参加いただきました皆様

ありがとうございました!

記事一覧|2015年10月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ