スタッフブログ

山岡 奈央 自己紹介へ

曲木加工について

2021/10/15(金) 日々のこと

 

こんにちは。

 

金曜日担当の山岡です。

 

本日は、夏ごろに兵庫県立美術館で行なわれていた、アアルト展のお話をさせて頂きます(^^)

 

 

 

以前、西田もブログにしていましたが、私もアアルトの作品が大好きなので、

 

少し語らせて頂きたいと思います!

 

アアルトはフィンランドの建築家で、夫婦で建築のアトリエ(設計事務所)を開いていました。

 

アアルトの作品といえば、、曲木加工を使った椅子が有名です。

 

曲木加工は今では当たり前になっていますが、当時は木を曲げる技術はとても画期的なものでした。

 

下の椅子も曲木加工を使って作られたものです。

 

 

 

この椅子は「パイミオチェア」といって結核患者の為に、呼吸がしやすい作りになっています。

 

語りだすと長くなってしまうのですが、、、

 

なんと、先ほどの椅子は1932年に発表されたものなのです。

 

現代でも通用するシンプルな、デザインで使い手に寄り添った、アアルトのデザインにはとても感銘を受けました。

 

洗練された北欧のデザインをみると、フィンランドに行きたいなあ~と、いつも妄想しています。。。

 

 

また機会があれば私の好きな建築についても語らせて頂きたいと思います!

 

ではまた(^^)

記事一覧|2021年10月

1ページ (全2ページ中)

ページトップへ