イベント予告

丹波展示場見学

丹波展示場見学

丹波展示場見学
日時【要予約制】※火・水曜日は定休日となっております。
場所丹波市春日町七日市590

和モダンな落ち着いた家。冬は薪ストーブを稼働しております。

 

丹波展示場

 

夏と冬で衣替えさせる「エアパス工法

伸びやかで使いやすい「広がり間取り」が体感できます

ウッドデッキを通して
庭とリビンングをひとつながりに

 弊社エアパスモデル第一号
 経年変化も体感できます

 

落ち着いた和風タイプのモデルハウスです。
実際の暮らしをイメージする為にも
見て触れて経年変化も体感しにお越し下さい。

 

ご予約はこちら

 

食べて、寝て、遊んで、過ごす。
木の香りの空間、
泊まって体験してみませんか?

白い漆喰に浮かび上がる、どっしりした無垢材の柱と梁。
伝統的な和のデザインに、現代的な間取りの工夫を盛り込みました。
夏と冬で衣替えさせる「エアパス工法」や、伸びやかで使いやすい空間を実現する
「広がり間取り」を実感してください。
宿泊体験も実施しているので、見るだけでは分からない
実際の使い勝手をご確認いただけます。

アクセス


「丹波展示場」でできること

体感する

土間の薪ストーブ、和室と一体になったリビングダイニングや吹き抜けに面した2階の図書コーナー。空間のあちこちに、暮らしの知恵をちりばめました。

体感する

 

試泊する

吉住工務店の家づくりをご検討中のお客様は、1泊2日の体験宿泊を行えます。空間の広がりや室内環境をご体感ください。

試泊する

「宿泊体験」について
詳しく見る

 

体感する

室内探検

露出した無垢の木の確かな質感。
対話の弾む空間をイメージしました

現在の家が忘れてしまった、暮らしの中のちょっとした余白。
薪ストーブを備えた玄関脇の土間は、そんなゆとりをもたらす小スペースです。
ベンチを置き、薪ストーブを前にした家族の団らん、ご近所とのおしゃべりに使えるようにとイメージしました。

室内に上がると、キッチンや和室と一体になった吹き抜けのリビングダイニングが広がります。
露出した無垢の柱や梁がひとつながりの空間を引き締め、どっしりした落ち着きを与えています。
どこにいてもつながっているから、いつも家族を感じながら過ごせます。
同時に、和室と吹き抜けなどの天井高を変えることで、家族それぞれに落ち着ける"居場所"をもたらします。

広々とした浴室は在来工法で仕上げました。
木材を回した壁、浴槽・床面に用いたタイルの本物の質感を味わいながら、体をゆっくり伸ばして入浴タイムをお楽しみください。

薪ストーブを備えた玄関脇の土間薪置き場

土間の薪ストーブのために、
玄関の外には薪置き場もつくりました

  吹き抜けのリビングダイニング
庭に面した明るいダイニング

庭に面した明るいダイニング。
キッチンやリビングともひとつながりに

  キッチンやリビング
心落ち着けるにはやはり和室

心落ち着けるにはやはり和室。
地窓は夏に涼しい風をもたらします

  木とタイルで貼り分けた浴室

木とタイルで貼り分けた浴室。
落ち着きと軽さが、ほどよく調和

吹き抜けに顔を出せる三角バルコニー、
子ども部屋にも仕掛けがいっぱい

2階には、寝室と子ども部屋を並べました。
寝室の小さなバルコニーは、吹き抜けに顔を出せる楽しい仕掛け。
山小屋風の子ども部屋は、子どもたちが大きくなった時には真ん中で仕切れる仕様にしています。
吹き抜けに面した階段ホールには本棚をしつらえ、カウンター席に座りながら本を読めるようにしました。
本棚にはお客様からいただいた本も並べ、お客様と吉住工務店の密かなつながりの場にしています。

2階の寝室

天井の間接照明で変化をつけた2階の寝室。
吹き抜けに突き出た三角バルコニーも必体験!

  三角バルコニー

ロフト付きの子ども室

いっぱい窓を設けたロフト付きの子ども室。
子どもが大きくなったら間仕切りして使うことも

階段ホールの図書コーナー

階段ホールの図書コーナー。読書でゆっくり過ごす時間も気持ちよく

  階段ホールの図書コーナー

 

 

試泊する

宿泊体験

 

吉住工務店での家づくりを検討している方は、1泊の宿泊体験を行えます。

気温差が激しい盆地にあって、夏や冬でも快適な室内環境をご確認いただけます。
冬になれば、実際に土間の薪ストーブをお試しいただけます。
スタッフのいない空間で、ご家族だけの時間を楽しみながら、見るだけでは分からない実際の使い勝手をご確認いただけます。

夏や冬でも快適な室内環境

詳しくはこちらからお問い合わせください

 

 

ご予約はこちら

 

吉住工務店の家づくりとは

自然体で、シンプルに。
気持ち良さはそんなところから生まれます

家は、出来上がった後、何十年も過ごす場所です。
大切なのは、その時だけのニーズや流行にとらわれず、長く愛着をもって住み続けられるようにすることです。
そのためにも、デザインや仕組みをシンプルにし、自然の力を上手に使う。
もちろん、構造は100年もつようにしっかりと。
自然体の家づくりが大切だと吉住工務店は考えています。

機械に頼りすぎず、長く住み続けられる家



「広がり間取り」で家族を近くに感じられるように

間取りのつくり方によって、家の居心地は大きく左右されます。
私たちがご提案しているのが「広がり間取り」
大きな窓をつくって自然を受け入れ、室内は細かく区切らずに一体感を与えます。
外と内がつながり、家の中も面積以上のゆとりが生まれます。

広がり間取りの特徴は、廊下をなくし、リビングダイニングを中心に家の各部屋を直接結びつけたつくりです。
玄関を入るとすぐ吹抜けのリビングダイニングが広がり、リビングに設けた階段から2階の寝室や子ども部屋に上がります。
子ども部屋は、子どもたちの成長に合わせて間仕切りしたり、広く使ったりできるようにしてみましょう。

廊下がないので面積を有効に使え、家のどこにいても光や風を感じられます。
リビングにいながら、出かける子どもたちに「いってらっしゃい」、帰宅したお父さんに「お帰りなさい」と声をかけることも。
キッチンで夕飯の準備をする音や、階段を上り下りする子どもたちの気配は、日常生活の細部を息づかせてくれます。

 

自然の力を生かして気持ちよく。
「エアパス工法」でお家も衣替え

高気密・高断熱で室内環境を外から遮断する…。
最近の家づくりは、いかに寒さをしのぐかという冬型対応の考え方が基本になります。
自然な空気の出入りを抑えるので、エアコンと24時間の機械換気に頼った家と言えます。

でも、このように外部環境と遮断した魔法瓶のような家で、本当に居心地は良いのでしょうか。
そう考えた私たちは、夏と冬で衣替えする「エアパス工法」を採用し、日本の夏にも冬にも適応した家づくりを進めています。
季節によって小屋裏と床下の換気口を開け閉めし、夏は外壁内にこもった熱気を外へ出し、冬は空気を閉じ込めて断熱性を高めます。
壁体内の空気が動くので、木造の家の大敵である「壁体内結露」も防ぎます。

エアパス工法は、自然に生じる空気の流れを利用した仕組みです。
機械の力に頼らずに、自然体。
ここでも、吉住工務店の姿勢は貫かれています。

本物だから安心・快適ページへ

 

 

アクセス

丹波展示場/こだま館

●お車で 舞鶴若狭自動車道春日インターより1分
●電車で JR福知山線黒井駅より徒歩30分

〒669-4131 兵庫県丹波市春日町七日市590 TEL:0795-74-2785 FAX:0795-74-2786
[営業時間] 10:00~17:30 [定休日] 火・水曜日

その他のイベント予告

参加ご予約フォーム

電話でのご予約
[営業時間] 10:00~17:00
[定休日] 火・水曜日
ページトップへ